tetuduki

※買取とは、対価をもらって車を譲渡します。

※廃車とは、登録を抹消し、公道を走れなくする手続きを行います。



ディーラーや買取店、カーオークション、知人に譲る場合には名義変更が必要になります。

しかし廃車の場合には、誰かに渡す訳ではない(譲渡では無い)ので名義変更は必要ではありません。
(なぜだか、代行依頼を行った場合には一旦名義を変えてから廃車手続きを行う事があります。)

廃車と買取の違いを簡単に言ってしまえば、誰かにお金をもらって譲渡するのかしないのかの違いだけです。



加えて、廃車の末梢方法には2通りあり、
しばらく車に乗らない時、税金の差し止めを行いたい時に一時的に登録を抹消しておく一時抹消登録

もう一つは、完全に解体してしまい車としての役目を終えてしまう永久抹消があります。


また、一時抹消であれば、中古車新規登録という手続きを踏むことで、公道を走ることが可能になりますが、
永久抹消の場合にはそのような登録方法も無く2度と公道を走れません。

還付金にも違いがあり、買取の場合にはリサイクル料金以外(自動車税・重量税・自賠責保険)は戻ってきませんが、
廃車の場合には、上記の逆になり、リサイクル料金以外は戻ってきます。


もし、買取業者に
『リサイクル料金も買取金額に含んでます。』と言われたら、他の会社でも査定してもらって下さい。
『返してくれるお金でしょ。』とか言っても結局は買取額から差し引かれるだけになることが多いので。

今は、どんな車でも買い取りますとか宣伝している廃車買い取り専門店もあるので、10万km越えや、エンジン不調、事故車などは遠慮せずに査定してもらいましょう。