車検切れの車を自走する方法について考えたことは無いでしょうか。

なぜなら、その期限が切れてしまうと、基本的には公道を走ることができないからです。

仮にそのような状態で普通に公道を走ってしまうと、確実的な法律違反になってしまいますので絶対に行ってはなりません。



しかし、ただ1つだけ車検切れの状態であったとしても公道を走らせる方法があります。

それは仮ナンバーを取得するという方法になります。


仮ナンバーというのは、検査の期限が切れているものに取り付けることによって三日間という限定された期間だけ、公道を走ってもよいという証明をしてもらえるものになります。




この仮ナンバーを取得する方法は至って簡単で、自分の住んでいる市役所や町役場などの窓口で必要な書類に記入した上で申し込みをすることで、この仮ナンバーを取得することができます。ただ気を付けなければならないのが、仮ナンバーを取得しに行くまでに期限の切れた状態で走行していかないということです。




この仮ナンバーは普通のナンバープレートとは違って、数字の部分に赤の斜線が書かれているのが特徴です。

ですから、その斜線によってこれは期限が切れていますよという証明になっています。

どうしても期限が切れているものに乗らなければならない場合は、この仮ナンバーを取得することによって、その対応を行うことができますので試してみるべきでしょう。



また、検査期限が切れているので検査に持っていくという場合であれば、仮ナンバーを取得して走行しなくてもレッカーなどを用いて移動をしてもらうという方法もありますので、自分に適した手段を用いることが大切です。