廃車にすると戻ってくるお金を還付金といいますが、
それぞれ条件によって変わってくるのでその点について記載します。

manekineko


まず第一に自動車税です。


自動車税は4月1日時点の所有者にかかる地方税で、
廃車を行った月を境に、翌月から3月までの期間分が戻されます。


つまり、3月に廃車にした場合は、戻ってきません。


また、
普通乗用車の廃車時には戻ってきますが、軽自動車は戻ってこない点に注意が必要です。



次に、自動車重量税です。

車体の重さにかかる税金で、車検時に支払う必要のある国税です。

廃車を行った月を境に、翌月から次回の車検時までの期間分が戻されます。



また、廃車登録方法が、永久抹消時のみに有効で一時抹消時は戻されません。



手続きは、管轄する陸運局で行いますが、廃車登録と同時に還付手続きを行わないといけません。
後日に請求が出来ない点に注意して下さい。

こちらは軽自動車も還付対象になります。



最後に、自賠責保険です。


自賠責保険は車検時に強制的に加入しなければいけない保険の事で、
手続きは加入している民間の保険会社に解約手続きを申請しなければいけません。

廃車を行った月を境に、翌月から残りの自賠責保険の加入期間分が戻されます。

一時抹消及び永久抹消どちらも還付手続きは行えます。

また手続き時に、一時抹消登録証明書か解体証明書のどちらかが必要になります。

 


ちなみにリサイクル料金は、廃車の際に必要になるお金なので戻ってきませんが、もしも売却の場合には、リサイクル券記載の料金は戻してもらって下さい。



廃車前に車の価値と還付金を戻してもらうには、廃車でお金がもらえる方法.comを参照してください。