tenken

車を手放す時は売却する人が多いと思います。



アレがあるととか、コレをやっておくととか、プチ有利になるやり方は色々とありますが、望むのは高すぎず安過ぎず、しっかりした値段でと言う所かと思います。



車を売る時は当然その車を見て値段を決める訳ですが、車の内側は見るのは大変です。




プロの人なら解体して見る事も出来そうですが、手間も掛るし、業者の人はその後に車を売る訳ですから、また組み立てないといけません。




そこまでやれないので年式やグレードなどが大きな要素になっているのですが、その中身を少し見る事が出来るのが整備の時の書類なんですよね。





整備点検記録、とか言われるようですが、車を直したりする時に多少分解したりするので、その時の結果が記載されていたりします。




車の中身を見ると言う面倒な作業を代行してくれているんですよね。





なので整備したりしたなら、その時の書類などを残して置いて、査定の時などに見せるとかなり良い感じの反応をしてくれました。




そう言えばコレ、と束になった書類から出して見せましたが、使えますねと言って貰えましたね。



赤外線とかそういうので中身を見れない物なのか?とも思いますが、結構難しいモノらしいので、整備の時の書類は保管して置きましょう。



やったかどうか忘れてたまたま見せた私が言える事でも無いかも知れませんが。中身も良い車だったのに、という事は無くなるかと思います。